うつくしの丘外観

特別養護老人ホームうつくしの丘

所 在 地

〒964-0073
福島県二本松市上葉木坂2番地3

土  地

敷地面積5,970平方メートル

建  物

鉄筋コンクリート造、地下1階、地上5階建、延床面積9,713平方メートル

入所定員

100床(2人部屋48室、個室4室)

ごあいさつ

施設長写真

 特別養護老人ホームうつくしの丘は、「利用者の皆様により質の高い介護サービスを提供し、すべての人が明るく、夢のある人生を送ることができる地域社会の創造に貢献する。」という施設理念の基に、利用者の皆様には画一的なサービスを提供するだけでなく、古くから受け継がれてきた年間行事、季節行事をはじめクラブ活動、買い物や食事に外出したりと、毎月アイディアを持ち寄り工夫しながら利用者の生活は活性化され、積極的に前向きに日々の生活が送れますよう心がけております。
 施設の庭には畑があり、季節になると「芋を植えなくてはならない」と気をもむ方もいて、ジャガイモ、葱、白菜、里芋、サツマイモ、ブロッコリー、とうもろこしなど、収穫して料理クラブでお料理を作ったり、芋煮会をして楽しんでいただいています。利用者の皆様はいろいろ忘れることは多くても、野菜と包丁があればさすがに経験者で、生き生きとした表情で皮をむき、料理をします。お料理は経験豊かな入所者の皆様から教わることが沢山あります。
 また、体調が思わしくない時には、協力病院(枡病院、枡記念病院)において迅速に適切な医療を受けることができるのも、利用者やご家族にとって大きな安心となっております。今後も利用者の皆さまが「安心・安全・ゆとり」の中で暮らせる施設づくりに努力してまいります。

経営理念

私達は、利用者の皆様により質の高い介護サービスを提供し、すべての人が明るく、夢のある人生を送ることができる 地域社会の創造に貢献したいと思っています。

基本方針

1.利用者の権利擁護

福祉サービスの利用者の中には、自立したユーザーとは位置付けられない立場にある方が多数おり、サービス供給者の側に「利用者の利益保護」の意識がないと、権利が十分保障されない恐れがあります。利用者が固有の権利を享受できるよう、利用者の権利擁護に努めます。

2.地域社会のセイフティーネット

地域社会において、公的責任を的確に果たすことは勿論、低所得の方に対する支援、自立したユーザーとなれない利用者の保護など、地域社会の最後のセイフティーネットとしての役割を担います。

3.サービスの質の向上

自己評価、利用者評価又は第三者評価による「サービスの質の評価」に積極的に取り組み、サービス提供の過程や結果を科学的に検証し、サービスの質を改善しその精度を高めることができるよう努力します。

4.倫理性の確保

社会福祉法人に対する公益性、非営利性、純粋性への期待が高いところから、法令、社会規範などに基づく倫理の確立とその実践を目指し、地域社会から信頼される法人経営を行います。

5.情報開示による透明性の確保

利用者の個人情報、利用する施設の選択に関わる施設・法人の情報などサービスを利用する側が必要とする情報は、積極的に開示を進め、透明性の確保を図ります。

6.使命の実現とマネジメント能力の向上

社会福祉法人の本来的な使命の実現に邁進するとともに、マネジメント能力をさらに強化して効率的でバランスのとれた法人運営を行い、その成果を利用者サービスに生かして行きます。

ページトップへ